コラム

福岡市はLINE(ライン)で粗大ごみ収集が申し込めて便利です。

福岡市はLINEで粗大ごみ収集が申し込めて便利です。

 

最近断捨離をしていまして、こたつの足がガタついていて、サイズも大きく使わないのに部屋を圧迫するので、仕方がなく粗大ゴミに出すことにしました。

 

粗大ごみの手続きって、僕は初めてなのですが、少々面倒だと思っていました。しかし、こんなにも手続きが簡単なのですね。

 

手続き方法としては、ラインで福岡市粗大ごみ受付の専用のアカウントを友だち追加します。

あとは、ボタンが表示されるので、流れに従って進めていくだけ

 

 

電話による手続きだと、受付時間内に行わなければならないですし、LINEなら片手間で行えるので非常に便利ですね。

 

ちょっと残念なのが、LINEで申し込みをした後、粗大ごみに貼る処理券はコンビニで買わないといけないこと。

どうせなら、LINE内で支払いまで完結して欲しいです。

 

しかしながら、調べたところ、福岡市の中央区のみですがLINE Payで処理券を買えるようです。

全国初、粗大ごみの収集申し込みから手数料の支払いまでLINEで完結。コンビニ等で粗大ごみ処理券を購入する代わりに「LINE Pay」で支払える機能の実証実験を開始。

大変便利なので、そのうち中央区のみならず福岡市全体に広がっていきそうな予感です。

 

それとこたつの処理がたった300円だったのもびっくりしました。

てっきり、1500円くらいはかかるのではないかと思っていましたから。

 

ところで、福岡市はキャッシュレス化に力を入れており、今では屋台でもQR決済が使えるまでです。

 

僕は1年くらい前からですが、福岡市がかなり力を注いでいるのも、肌で感じています。

僕の住んでいる早良区の商店街や、小さなスーパーでもpaypayなどのキャッシュレス決済が導入されています。

 

増税されるというのも、背景にあって、日本全国的にも進めているようですが、福岡市の進み具合は半端ないです

消費者側としては、カードいらずだし、ポイントもつくし、いいことしかないですよね。

福岡は、東京に比べて物価も安いし、土地も安いというのもあって、わざわざ福岡に来て起業する人もかなり増えているそうです。

福岡市が運営しているスタートアップカフェというのがあるのですが、そこでは起業やスタートアップの相談が無料でできたり、人材マッチング、wifi無料のコワーキングスペースが提供されてたりします。

 

挑戦する福岡市。なんか本当に福岡っていいところだな、とつくづく実感しています。